ホーム > 教育・文化・交流 > 文化・芸術 > 鹿児島県立博物館 > イベント > 企画展 > 過去に開催した企画展 > 企画展:恋を叫ぶ虫たちの謎

鹿児島教育ホットライン24 24時間いつでもあなたの相談を待っています。フリーダイヤル:0120-783-574 直通:099-294-2200 全国統一ダイヤル:0570-0-78310

ここから本文です。

更新日:2017年1月5日

企画展:恋を叫ぶ虫たちの謎

鳴く虫展ポスター

掲示用ポスター(JPG:495KB)

趣旨

街中でシャシャシャシャとけたたましく鳴くクマゼミのオスは,鳥に襲われる危険をもかえりみず,メスと出会うために叫んでいます。夜,草むらで鳴くクツワムシやコオロギたちも,メスをよぶために鳴いています。虫たちは命をかけて恋に生きているのです。そんな恋を叫ぶ虫たちの生活をわかりやすく紹介します。

期間

平成24年7月14日(土曜日)~9月17日(月曜日)

休館日

  • 7月:17日(火曜日),23日(月曜日),30日(月曜日)
  • 8月:6日(月曜日),20日(月曜日),27日(月曜日)
  • 9月:3日(月曜日),4日(火曜日),10日(月曜日)

会場

鹿児島県立博物館1階企画展示室(鹿児島市城山町1番1号)

時間

午前9時~午後5時

入場料

無料

展示内容

虫が鳴くということ

オスはメスをよぶために,命をかけて鳴いています。

クロイワツクツク

クロイワニイニイを捕食するアオメアブ

鳴くためのからだ

セミは腹に持つ発音膜(はつおんまく)をふるわせて,コオロギたちは羽のヤスリ器とこすり器とをすりあわせて,発音します。模型で確かめながら,詳しく見てみましょう。

鹿児島県のセミ・南西諸島のセミ

ヒメハルゼミ羽化

鹿児島県と沖縄県は,全国でも多くの種類のセミが見られることで有名です。標本でいろいろと見比べてみてください。

飼育展示室

セミやコオロギたちを,展示室内で生体展示します。季節によって展示する種類が変わります。

コオロギ・キリギリスの世界

コオロギやキリギリスたちは,たくさんの種類に分かれながら,独特の音色を出してメスを誘います。その多様性を見てみましょう。

ウマオイ クビキリギス

恋でなくても鳴く

カブトムシのサナギは,音を出して他の幼虫がすぐ近くに来ないようにします。カミキリムシもつかまると「キィーキィー」音を出しますね。このようにメスをよぶ以外の音もあります。

関連行事

ミュージアムトーク

担当学芸主事が展示の見どころを紹介し,疑問・質問にお答えします。

  • 開催日:7月14日(土曜日),7月28日(土曜日),8月4日(土曜日),8月14日(火曜日),8月15日(水曜日)
  • 間:14時00分から30分間程度
  • 場:県立博物館1階企画展示室

時間になりましたら,展示室にお集まりください。

 

科学教室(要予約)099-223-6050

(第1回)セミの羽化を見てみよう:予約開始は6月1日(金曜日)から

時:7月28日(土曜日)の20時~22時

所:博物館周辺

員:20名(保護者同伴,保護者も定員に含む)

保険料:50円

意:詳細は申し込み後にファックスなどでお知らせします。

(第2回)セミの羽化を見てみよう:予約開始は7月1日(日曜日)から

時:8月4日(土曜日)の20時~22時

場所,定員,保険料,注意については7月と同じです。

鳴く虫の観察会:(中止)

時:9月1日(土曜日)19時00分~21時00分

所:城山遊歩道

員:20名

保険料:50円

意:詳細は申し込み後に,ファックスなどでお知らせします

企画展実施要項(PDF:11KB)

このページに関するお問い合わせ

 鹿児島県立博物館

電話番号:099-223-6050

〒892-0853
鹿児島市城山町1-1
FAX:099-223-6080
e-mail:kahaku1@pref.kagoshima.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。