ホーム > 教育・文化・交流 > 文化・芸術 > 鹿児島県立博物館 > イベント > 企画展 > 過去に開催した企画展 > 企画展:パラサイト~みんな寄生されているかも?~

鹿児島教育ホットライン24 24時間いつでもあなたの相談を待っています。フリーダイヤル:0120-783-574 直通:099-294-2200 全国統一ダイヤル:0570-0-78310

ここから本文です。

更新日:2017年1月5日

企画展:パラサイト~みんな寄生されているかも?~

ポスター小印刷用ポスター(JPG:290KB)

寄生とは,生きている相手(宿主)から栄養をもらうことです。なんだかこわい感じがしますね。しかし,ライオンがシマウマを食べるのと同じように,自分が生きていくために必要な行動なのです。しかも,生きている相手は腐りませんので,冷蔵庫のない自然界ではとても便利な方法です。

寄生者(=パラサイト)の,アッと驚く生き方を見てみましょう。

期間

平成25年10月1日(火曜日)~平成25年12月1日(日曜日)

休館日

10月:7日(月曜日),8日(火曜日),15日(火曜日),21日(月曜日),28日(月曜日)
11月:5日(火曜日),11日(月曜日),18日(月曜日),25日(月曜日),26日(火曜日

会場

本館1階企画展示室

入場料

無料

展示内容

相手から栄養をもらう

寄生とは生きている相手から栄養をもらうことですが,これは栄養をもらう意味では捕食と変わりません。自然界では,様々な生き物が相手から栄養をもらっています。

3リュウキュウアサギマダラ吸蜜.JPG

花の蜜を吸うリュウキュウアサギマダ

ネジレバネ.jpg

キイロスズメバチに潜むネジレバネ

寄生する部位

生きている相手に寄生するには,それなりの苦労もあります。宿主のどこにとりつくのかによって,寄生者は様々な工夫をしています。

アゲハ蛹から脱出するウジ.JPG

アゲハの体内に寄生していたヤドリバエ

卵寄生蜂脱出痕.JPG

卵寄生蜂は卵の中を食べます

寄生のいろいろ

いろいろな生きものに寄生という方法が取り入れられているのは,自然界で生きていくのに適している方法の一つだからなのでしょう。

シヘンチュウが脱出した幼虫.JPG

シジミチョウの幼虫から出てきたセンチュウの仲間

スナヅル合成.jpg

他の植物から栄養を奪う植物:スナヅル

捕食寄生

昆虫の中には,しばらく寄生して栄養をもらった後で,宿主を殺してしまうものがいます。

カブラハバチから脱出したコマユバチ.JPG

カブラハバチの幼虫から出てきたコマユバチ

ヤドリバエ産卵前.JPG

ハバチの幼虫に産卵を試みるヤドリバエ

写真提供:中村京平氏(鹿児島昆虫同好会)

植物を操る寄生

昆虫の中には,植物に働きかけて虫こぶをつくり,その中で生活するものがいます。

エゴネコノアシ.jpg

(左)エゴノキにできた虫こぶ:エゴノネコアシ

(右)虫こぶの中にいるエゴノネコアシアブラムシ

デイゴヒメコバチ虫こぶ.JPG

デイゴヒメコバチによって作られた虫こぶ

相手を操る寄生

寄生者の中には,宿主の行動を変化させるものがいます。

ハラビロカマキリ

提供:中村京平氏(鹿児島昆虫同好会)

ハリガネムシ.png

カマキリを水辺へと操るハリガネムシ

提供:中村京平氏(鹿児島昆虫同好会)

バランスが大事

オオミノガヤドリバエは1995年に初めて見つかった寄生者ですが,爆発的に増えてオオミノガを利用し尽くしてしまいました。現在オオミノガは各地で絶滅危惧種となるほど少くなっています。

オオミノガ1.JPG

オオミノガ幼虫

提供:福田輝彦氏(鹿児島昆虫同好会)

オオミノガヤドリバエ.jpg

オオミノガヤドリバエのサナギ

提供:林悦子氏(鹿児島昆虫同好会)

ミュージアムトーク

博物館学芸員が企画展について解説し,質問にお答えします。
10月5日(土曜日)14時から

11月3日(日曜日)14時から

12月1日(日曜日)15時30分から(10月30日に変更しました)

時間:各回20分程度

ミュージアムトーク

実施要項(PDF:109KB)

このページに関するお問い合わせ

 鹿児島県立博物館

電話番号:099-223-6050

〒892-0853
鹿児島市城山町1-1
FAX:099-223-6080
e-mail:kahaku1@pref.kagoshima.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。