ホーム > 教育・文化・交流 > 文化・芸術 > 鹿児島県立博物館 > イベント > 企画展 > 過去に開催した企画展 > 蔵出し博物館「日本のチョウ・フィリピンのチョウ」

鹿児島教育ホットライン24 24時間いつでもあなたの相談を待っています。フリーダイヤル:0120-783-574 直通:099-294-2200 全国統一ダイヤル:0570-0-78310

ここから本文です。

更新日:2017年3月5日

蔵出し博物館「日本のチョウ・フィリピンのチョウ」

入口看板小.jpg

県立博物館が所蔵する標本を,広く県民に披露する機会として「蔵出し博物館」を企画しました。平成28年度は,「日本のチョウ・フィリピンのチョウ」と題して,博物館の収蔵するチョウの標本を展示します。
元博物館館長の福田晴夫氏は1970年代にフィリピンに留学し,チョウを研究・採集されました。その収蔵品は博物館に寄贈され,同定・登録作業を行いました。また,元鹿児島昆虫同好会会員の神園香氏は,日本各地及び東南アジアなどで採集され,90箱に及ぶ標本を作製されました。遺族より寄贈されたこのコレクションもあわせて公開します。

ポスターA4_ミニ.jpg

印刷用ポスター(JPG:1,908KB)

ダマシジャノメ.jpg

期間

平成28年12月17日(土曜日)~平成29年3月5日(日曜日)

休館日

12月:19日(月曜日),26日(月曜日),27日(火曜日),31日(土曜日

1月:1日(日曜日),2日(月曜日),10日(火曜日),16日(月曜日),23日(月曜日),25日(水曜日),30日(月曜日)

2月:6日(月曜日),7日(火曜日),13日(月曜日),20日(月曜日),27日(月曜日),28日(火曜日

会場

立博物館館1階画展示室

入館料

展示内容

日本のチョウ

北海道と鹿児島のオオムラサキを比べてください!「何が違うのだろうか?」ずらりと並んだ標本をじっくり見比べれば,いろいろな違いに気がつきます。

フィリピンのチョウ

1970年代に,フィリピン各地で場所・採集日・採集者のデータがしっかりと残っている標本は,とても貴重です。さまざまな図鑑の元となった研究の成果を,是非ご覧ください。

セセリ

フタオ

 

台湾・紅頭嶼のチョウ

1968年に,鹿児島大学学友会:生物研究会は台湾遠征を行いました。福田晴夫氏を相談役に招き,7月から8月までの約40日間,台湾各地や紅頭嶼で採集・調査されました。その結果は印刷物にもなっています。まだ沖縄が返還される前の時期に,熱い思いで調査された成果を同時に展示しています.是非ご覧ください

関連行事

ミュージアムトーク(学芸主事による展示解説)

  • 期日:平成28年12月17日(土曜日),12月18日(日曜日),12月25日(日曜日),平成29年1月3日(火曜日)
  • 時間:各回14時から(約20分間)
  • 場所:県立博物館本館1階企画展示室
  • 申し込み:不要

特別ミュージアムトーク・講演会

福田晴夫氏を講師に招き,当時の思い出や標本にまつわる話をしていただきます。

  • 期日:平成29年2月4日(土曜日)
  • 時間:14時~15時
  • 場所:3階研修室および1階企画展示室
  • 申し込み:不要

実施要項(PDF:91KB)

このページに関するお問い合わせ

 鹿児島県立博物館

電話番号:099-223-6050

〒892-0853
鹿児島市城山町1番1号
Fax)099-223-6080
e-mail:kahaku1@pref.kagoshima.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。