ホーム > 教育・文化・交流 > 文化・芸術 > 鹿児島県立博物館 > イベント > 企画展 > 過去に開催した企画展 > 企画展「子どもたちにも伝えたい生物多様性」

鹿児島教育ホットライン24 24時間いつでもあなたの相談を待っています。フリーダイヤル:0120-783-574 直通:099-294-2200 全国統一ダイヤル:0570-0-78310

ここから本文です。

更新日:2019年2月24日

企画展「子どもたちにも伝えたい生物多様性」

鹿児島県は世界に誇る生物多様性と環境文化にあふれています。かけがえのない鹿児島の宝を将来世代につなげるために,「生物多様性とはどんなこと」について3階の展示物とあわせて紹介します。

poster

印刷用ポスター(JPG:817KB)

期間

平成30年12月22日(土曜日)~平成31年2月24日(日曜日)

休館日

  • 12月:25日(火曜日),29日(土曜日),30日(日曜日),31日(月曜日)
  • 1月:1日(火曜日),7日(月曜日),15日(火曜日),21日(月曜日),25日(金曜日),28日(月曜日)
  • 2月:4日(月曜日),12日(火曜日),13日(水曜日),18日(月曜日)

会場

鹿児島県立博物館館1階画展示室

入館料

展示内容

生物多様性の3つの視点

「いろいろな環境があること:生態系の多様性」

kaigan

海岸

sogen

草原

さまざまな環境にさまざまな生きものがすむ

「いろいろな生きものがいること:種の多様性」

 

hana

花と虫の相互作用

生きものは関係し合って生きている

「いろいろな個性があること:遺伝子の多様性」

asagao

アサガオの多様性(協力:仙巌園)

同種内でも個性が多様な方が良い

人のかかわりとそのかねあい

kakawari

大切なのは,人が手を加える程度

生物多様性からのめぐみ

6

7

人に役立つめぐみもあれば,人の生活を豊かにするめぐみもある

生物多様性の危機

8

9

放棄水田

地域の生きもののつながりに,外来種は大きなダメージを与える。

放棄水田などが増加し,明るい人里をすみかにしていた生きものの生活が苦しくなる。

生物多様性保全への取り組み

10

かごしま自然百選

11

 

鹿児島県や鹿児島市が戦略を立てています。
私達一人一人が取り組めることには何があるでしょうか。

 

biodiversity

関連行事

ミュージアムトーク(学芸主事による展示解説)

  • 期日:平成30年12月23日(日曜日),12月24日(月曜日),平成31年1月6日(日曜日),1月13日(日曜日),2月10日(日曜日)
  • 時間:午後3時から(約20分間)
  • 場所:県立博物館本館1階企画展示室
  • 申し込み:不要

実施要項

このページに関するお問い合わせ

 鹿児島県立博物館

電話番号:099-223-6050

〒892-0853
鹿児島市城山町1番1号
Fax)099-223-6080
e-mail:kahaku1@pref.kagoshima.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。