更新日:2017年3月3日

ここから本文です。

縄状玄武岩

県指定天然記念物

縄状玄武岩

 

 

指定年月日

昭和29年5月24日

所在地

指宿市開聞脇浦花瀬崎

概要

聞(かいもん)岳から噴出した溶岩が,山の西麓を北西方向に流れてできたもので,典型的な縄状構造が見られます。溶岩内部はち密で固いですが,表面は火山ガスの抜け出た穴が多く見られます。比較的高温で噴出した流動性に富む玄武岩質安山岩で,カンラン石(オリビン)を多く含むことが特徴です。このため,近くの海岸にはオリビンからなる砂(オリビンサンド)が見られます。

このページに関するお問い合わせ

 鹿児島県立博物館

〒892-0853
鹿児島市城山町1-1
FAX:099-223-6080
e-mail:kahaku1@pref.kagoshima.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

 

鹿児島教育ホットライン24 24時間いつでもあなたの相談を待っています。フリーダイヤル:0120-783-574