更新日:2017年3月3日

ここから本文です。

イシカワガエル

県指定天然記念物

イシカワガエル生態1イシカワガエル生態2

指定年月日

平成15年4月22日

所在地

地域を定めず指定(奄美大島)

概要

美大島の渓流付近に生息する,胴体部分の長さが9~12cmの大型のカエルです。緑色の地に金色の斑紋(はんもん)が全身にあって,日本で一番美しいカエルと言われています。
には大きな吸盤があって,岩の上やかなり高い樹の上に登ることがあります。繁殖期には渓流の岩のすき間などで雄が盛んに鳴き交わします。
息環境の悪化により個体数が減少しており,絶滅が心配されています。

 

注意)従来イシカワガエルとされていましたが,2011年に体色や形態,核型などの違いから,以下の2種に分けられました。

  • アマミイシカワガエル(奄美大島に分布)
  • オキナワイシカワガエル(沖縄島に分布)

このページに関するお問い合わせ

 鹿児島県立博物館

〒892-0853
鹿児島市城山町1-1
FAX:099-223-6080
e-mail:kahaku1@pref.kagoshima.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

 

鹿児島教育ホットライン24 24時間いつでもあなたの相談を待っています。フリーダイヤル:0120-783-574