ホーム > 教育・文化・交流 > 文化・芸術 > 鹿児島県立博物館 > かごしまの天然記念物 > 県指定天然記念物一覧 > 山川薬園跡及びリュウガン

鹿児島教育ホットライン24 24時間いつでもあなたの相談を待っています。フリーダイヤル:0120-783-574 直通:099-294-2200 全国統一ダイヤル:0570-0-78310

ここから本文です。

更新日:2017年3月3日

山川薬園跡及びリュウガン

県指定天然記念物

山川薬園跡

指定年月日

昭和29年3月15日

所在地

指宿市山川新生町

概要

治2(1659)年,島津光久が設けた薬園の跡で,当時植えられたリュウガンが今でも残っています。島津氏は山川,佐多,吉野の3カ所に薬園を設けてリュウガンやレイシ,キコク等の薬用植物を栽培しましたが,このうち山川薬園が最も古いものです。
このリュウガンは高さ10m,根回り6mほどで,樹齢300年と推定される老木です。リュウガンは8月に直径2cmほどの球形の実をつけますが,果肉は果汁が多く,ほのかに甘味があります。

このページに関するお問い合わせ

 鹿児島県立博物館

電話番号:099-223-6050

〒892-0853
鹿児島市城山町1-1
FAX:099-223-6080
e-mail:kahaku1@pref.kagoshima.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?