更新日:2017年3月7日

ここから本文です。

ウシウマの骨格

県指定天然記念物

ウシウマ骨格標本

指定年月日

昭和38年6月17日

所在地

鹿児島市城山町1-1

県立博物館内

概要

子島で飼育されていた小型の馬の一種で,体毛・まえがみ・たてがみ・尾毛は,無いか又はとても少なかったようです。このことから,牛に似た馬の意味で,ウシウマと呼ばれていました。
ウシウマの起源についてははっきりしませんが,慶長の役(1597年)に従軍した島津義弘が,朝鮮半島から十数頭持ち帰ったのが始まりと伝えられます。以後,国の天然記念物に指定されるなど保護を受けてきたものの,ついに昭和21(1946)年6月に,西之表市で飼育されていた最後の一頭が死んで,ウシウマは絶滅しました。

このページに関するお問い合わせ

 鹿児島県立博物館

〒892-0853
鹿児島市城山町1-1
FAX:099-223-6080
e-mail:kahaku1@pref.kagoshima.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

 

鹿児島教育ホットライン24 24時間いつでもあなたの相談を待っています。フリーダイヤル:0120-783-574