更新日:2017年6月15日

ここから本文です。

噴火により埋没した鳥居,門柱

県指定天然記念物

kurokami_torii

指定年月日

昭和33年4月28日

所在地

鹿児島市黒神町

概要

大正3(1914)年1月の桜島火山大噴火では,大量の軽石・火山灰が大隅半島側に厚く積もりました。とくに桜島の東側にあたる黒神町には厚さ約5mも降り積もりました。
その後,地域住民は降り積もった火山灰の上に新たに集落を建設しましたが,埋没した黒神神社の鳥居と永野氏宅の門柱だけは,大正大噴火の猛威を如実に物語る記念物として後世に残すことにしました。

このページに関するお問い合わせ

 鹿児島県立博物館

〒892-0853
鹿児島市城山町1-1
FAX:099-223-6080
e-mail:kahaku1@pref.kagoshima.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

 

鹿児島教育ホットライン24 24時間いつでもあなたの相談を待っています。フリーダイヤル:0120-783-574