ホーム > 教育・文化・交流 > 文化・芸術 > 鹿児島県立博物館 > かごしまの天然記念物 > 県指定天然記念物一覧 > 南種子町のインギー鶏

鹿児島教育ホットライン24 24時間いつでもあなたの相談を待っています。フリーダイヤル:0120-783-574 直通:099-294-2200 全国統一ダイヤル:0570-0-78310

ここから本文です。

更新日:2017年3月3日

南種子町のインギー鶏

県指定天然記念物

インギー鶏.jpg

指定年月日

平成25年4月23日

所在地

熊毛郡南種子町

概要

インギー鶏は,明治27(1894)年,種子島に漂着したイギリスの帆船ドラメルタン号から島民が譲り受けた鶏で,名前は当時,島民がイギリス人を「インギー」と呼んでいたことに由来します。

尾骨はありますが,尾羽は発育不全の縮れで尾がないように見える珍しい鶏です。また,コーチン種の系統に属する中国南部の品種と考えられますが,100年以上にわたる改良・淘汰で固有の鶏種として確立されていると考えられることから,遺伝学の分野から見ても貴重です。

このページに関するお問い合わせ

 鹿児島県立博物館

電話番号:099-223-6050

〒892-0853
鹿児島市城山町1-1
FAX:099-223-6080
e-mail:kahaku1@pref.kagoshima.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?