更新日:2021年2月12日

ここから本文です。

サツマイモ基腐病関連情報

サツマイモ基腐病の防除対策

大隅地域では平成30年以降,サツマイモ基腐病の被害が継続して発生しており,大きな課題となっています。

これまでに明らかになった知見をまとめましたので,ご活用ください。

 

【育苗段階での防除対策】

1.種イモを伏せ込むときは,罹病したイモ,罹病が疑われるイモは伏せ込まないようにしましょう。

2.育苗床で,病気が発症したら,株ごと抜き取って,持ち出しましょう。

3.採苗したら,必ずその日に苗消毒を行いましょう(消毒液は必ず使用当日に調整したものを用いる)。

【栽培ほ場での防除対策】

1.発病株は大量の胞子を形成し,周辺の株へ伝染するため,早急に抜き取り,ほ場外へ持ち出しましょう。

2.防除薬剤は,発病した株への効果はありませんが,周辺株への感染拡大を防ぐため,予防的に散布しましょう。

3.降雨により発病が拡大するおそれがあるので,降雨後はほ場を見回り,ほ場の排水を確保しましょう。


さつまいも育苗管理の注意点(令和3年2月)(PDF:78KB)

さつまいも基腐病対策として,生産者の注意すること(令和2年6月9日)(PDF:166KB)

 

病害に関する情報(リーフレットやチラシ等)

病害対策リーフレット(PDF:1,640KB)

生産者向けサツマイモ基腐病防除対策(令和2年3月)(PDF:1,036KB)

苗床に発生するサツマイモ基腐病の見分け方(PDF:1,116KB)

 

関連情報のリンク

サツマイモ基腐病の防除対策(鹿児島県農政部HP,農研機構サイトへのリンクあり)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

大隅地域振興局農林水産部農政普及課

電話番号:0994-52-2138

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?