ホーム > 地域振興局・支庁 > 大隅地域振興局 > 産業・労働 > 農業 > 生産技術情報 > さつまいもの年間栽培体系(大隅地域)

更新日:2017年4月25日

ここから本文です。

さつまいもの年間栽培体系(大隅地域)

1.品種

でん粉用品種(シロユタカ,ダイチノユメ),焼酎用品種(コガネセンガン),青果用品種(ベニサツマ)等

2.育苗(良い活着は,丈夫な苗づくりから)

(1)種いも:200g~300g程度で,無病で形状の良いものを使用します。
(2)種子いもの間隔:ダイチノユメ20~25cm,シロユタカ30cm,コガネセンガン20cm
(3)苗床:ハウス+トンネル又はトンネル様式とし,適期に植え付けできるよう,植え付けの50~60日前に伏せ込みます。
(4)採苗:外気に1週間程度ならした丈夫な苗をとります。採苗後は追肥,かん水を行い,苗の生育促進や良質苗の確保に努めます。

3.ほ場準備

(1)ほ場:PH6以下で,排水の良いほ場を選びます。
(2)土づくり:堆肥を施用し,入念に耕耘,砕土します。
(3)畦立:適度の土壌水分を見計らって行います。(4月植は,早めに畦立,マルチで地温を確保します。)
(4)排水対策:排水の悪いほ場内の排水不良箇所では,いもの腐れが発生するので,排水対策を十分に行います。
(5)マルチ:透明フィルム(土壌保温の効果が大きく,苗活着が促進されるので,4月下旬までの植付に使用します。)

フィルム(苗活着の促進と雑草防除の効果があるので,5月上旬以降の植付に使用します。)

4.施肥量

ふん尿の多施用はつるぼけになるので避けます。
肥例(堆肥施用の場合,単位:kg/10a)
 
肥料名 マルチ 無マルチ
完熟堆肥
1,000kg
1,000kg
 
基肥

基肥追肥

N(窒素) 成分量8

4.81.46.2

P(リン) 成分量12

7.2-7.2

K(カリ) 成分量20 14.41.416.1
  • 堆肥は,牛ふん主体の完熟堆肥を施用します。
  • 無マルチの場合は,基肥と追肥に分けて施用します。
  • 施肥量は,前作,地力等によって加減します。
 

5.栽植密度

植付時期 4月上旬~中旬 4月下旬~5月上旬 5月中旬~下旬 6月上旬
栽植本数
2,000本/10a 2,500本/10a 3,000本/10a 3,800本/10a
畦幅90cm 株間55cm

45cm

35cm

30cm

畦幅100cm

50cm

40cm

33cm

-

6.植付

(1)早植え及びマルチ栽培によって増収となります。
(2)苗を水平に植えることで増収となります。

7.管理作業

(1)除草:雑草対策として,除草剤を使用する場合は,適期に使用します。
(2)培土:無マルチ栽培では,植付後20日前後に追肥し,中耕・除草を兼ねて培土します。
 

このページに関するお問い合わせ

大隅地域振興局農林水産部農政普及課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?