ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農産物 > かごしまブランド > 沖永良部のばれいしょ,長島地区のばれいしょ,なんぐう地区,徳之島のばれいしょ

更新日:2018年7月10日

ここから本文です。

沖永良部のばれいしょ,長島地区のばれいしょ,なんぐう地区,徳之島のばれいしょ

【出荷スケジュール】

沖永良部:2月から5月
長島地区:4月から5月
なんぐう地区:2月から5月

徳之島:1月から4月

【生産地】

JAあまみ(和泊町,知名町)
JA鹿児島いずみ(長島町)
JA鹿児島きもつき(錦江町,南大隅町)

JAあまみ(徳之島町,天城町,伊仙町)

【特性など】

ナス科バレイショ属
ペルーのアンデス山地原産。
インカの重要な食用作物でした。その後インカを侵略したスペイン人によってヨーロッパに持ち込まれ,日本へ入って来たのは16世紀,オランダ船によってジャワのジャガトラ港から長崎に入ったと言われます。
リンゴの3倍のビタミンCやカリウムのほか,マグネシウムやリンなどのミネラルに富み,大航海時代の船員たちを壊血病から救ったといわれています。
ばれいしょ
きれいな色となめらかな肌が自慢。
この美肌の秘密は赤土にあり。
沖永良部・徳之島や長島地区では全国に先駆けて春ばれいしょが出荷され「春を呼ぶ商材」として高く評価されています。
ばれいしょ畑

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農政課かごしまの食ブランド推進室

電話番号:099-286-3179

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?