更新日:2019年4月25日

ここから本文です。

桜島小みかん(GI)

※地理的表示保護(GI)制度・・・農林水産物・食品のうち,品質等の特性が産地と結びついており,名称が特定できる産品を知的財産として国が保護する制度

【出荷スケジュール】

12月

【かごしまブランド団体(市町村名)】

JA鹿児島みらい(鹿児島市)

【特性など】

ミカン属
果実は12月上旬に熟します。
 
重さ40-50グラム,直径5cm足らずと,世界一小さいと言われているみかんですが,桜島の大地で力強く育った小みかんは,小粒でも色鮮やかな魅力ある小みかんです。
 
樹齢100年以上の大木として栽培されているものもあり、一本の木から数百キログラムの果実が収穫されることもあります。
 
400年ほど前,薩摩藩主島津義弘公が文禄慶長の役の際,朝鮮半島から持ち帰ったものと伝えられています。
社団法人農山漁村文化協会が2004年度に実施した「故郷に残したい食材」にも選ばれました。
 
桜島の小みかん

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農政課かごしまの食ブランド推進室

電話番号:099-286-3179

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?