更新日:2019年4月25日

ここから本文です。

かごしまのそらまめ

【出荷スケジュール】

12月から5月

【かごしまブランド団体(市町村名)】

JAいぶすき(鹿児島市,指宿市,南九州市)
JA鹿児島いずみ(阿久根市,出水市,長島町)

【特性など】

マメ科ソラマメ属
栽培の歴史が古い豆の一つで,古代エジプトや西アジアで栽培されていましたが,わが国には中国を経て8世紀に渡来したと伝えられます。
豆が空を向いてなるので,そらまめと名づけられたと言われています。
莢(さや)が緑色のときにとったものは,豆を取り出して塩ゆでにして食べるほか,乾燥したものは煮豆,醤油豆,甘納豆の原料にも使われます。
そらまめ
鹿児島はそらまめの生産量日本一を誇り,全国的に圧倒的なシェアを占めています。

特にかごしまのそらまめは,大粒で甘みがあり,ホクホクした食感が魅力です。


そらまめ畑

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農政課かごしまの食ブランド推進室

電話番号:099-286-3179

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?