更新日:2019年4月25日

ここから本文です。

かごしまのマンゴー

【出荷スケジュール】

3月下旬から8月

【かごしまブランド団体(市町村)】

JAさつま日置(日置市,南さつま市,いちき串木野市)

JAいぶすき(指宿市)

JA北さつま(さつま町)

JAそお鹿児島(大崎町,志布志市)

JA種子屋久(中種子町,南種子町)

【特性など】

ウルシ科マンゴー属インド又はマレー半島原産。
鹿児島県は,栽培面積,生産量共に全国第3位の産地です。
鹿児島県内では,北は出水市から南は与論町まで県内各地で栽培されています。
かごしまマンゴー
 
かごしまのマンゴーは樹上で完熟し自然落果した果実を収穫しており,芳醇な香りととろけるような甘い味わいが自慢です。
 
消費者の皆様に高品質な果実をお届けするため,以下のような点について取り組んでいます。
 
(1)県統一の出荷規格基準設定による「出荷品質の平準化」
(2)おいしさ基準の設定による「おいしさの追求」
(3)生産履歴等の適正管理による「安心・安全対策の追求」
 
収穫前のマンゴー

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農政課かごしまの食ブランド推進室

電話番号:099-286-3179

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?