更新日:2014年6月3日

ここから本文です。

かごしま黒豚

【出荷スケジュール】

周年

【生産地】

県下全域

【特性など】

黒豚は約400年前に琉球から移入されたといわれ,長い歴史の中で鹿児島の風土に育まれながら改良を重ね,現在の「かごしま黒豚」が誕生しました。
黒豚肉は筋繊維が細いという特徴を持つため,歯切れがよく,やわらかいのです。
豚肉にはもともとタンパク質,ビタミンB群が豊富ですが,かごしま黒豚は,うま味成分であるアミノ酸を多く含んでいます。
さらにサツマイモを含んだ飼料を食べさせることにより,うま味,甘みが増すとともに,脂肪の融点が高くなり,脂がベトつかず,さっぱりとして全国的に人気があります。
切り並べられた,かごしま黒豚
かごしま黒豚の歴史は古く,400年の歴史があります。
鹿児島の豊かな自然の中で,さつまいもを含んだ飼料でのびのび育てられた肉質は「やわらかく,歯切れがよく,うまみがある」と県内外で評価が高い逸品です。
かごしま黒豚

時の風雪に磨きぬかれた郷土の誉れ(鹿児島・畜産ストーリー)

【逆風を耐え抜いたかごしま黒豚】
豚は,祖先であるイノシシが家畜化され,キバ,鼻,毛が短くなって各地の在来種の原型が生まれてきたといわれます。
鹿児島へは今からほぼ400年前,島津藩主によって移入されました。明治期になり,英国から導入したバークシャー種と交配することでさらに改良が進められ,味に磨きがかけられてきました。

昭和30年代までは本県養豚は黒豚一色でしたが,昭和40年代後半から産子数が多く成長の早い白豚へ移行し,昭和50年には本県の黒豚出荷頭数は県全体の1.6%まで減少しました。
それでも黒豚を愛する鹿児島の人々の努力と情熱で「かごしま黒豚」は,大切に守り育てられ,今では全国に不動の地位を築き,その品質の高さは根強い人気となっています。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農政課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?