ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農産物 > かごしまブランド > 川薩地区のハウスきんかん,南さつまのハウスきんかん

更新日:2018年7月10日

ここから本文です。

川薩地区のハウスきんかん,南さつまのハウスきんかん

【生産地&出荷スケジュール】

JA北さつま(薩摩川内市):12月から2月
JA南さつま(南さつま市,南九州市,枕崎市):1月から3月

【特性など】

ミカン科キンカン属
中国原産。
皮ごと食べられるので,含まれる機能性成分を丸ごと摂取することができます。
糖度が高くビタミンCたっぷりで,風邪の予防に効果的です。
また,皮にガンの抑制効果があるとされるオーラプテンが含まれています。
生食はもちろん,砂糖漬けやマーマレードにしても絶品です。
ハウスきんかん
他の柑橘類とは違い,果皮が甘く,そのまま丸ごと食べられるのが特徴です。ハウス栽培を中心に大玉果で甘いきんかんの生産に努めています。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農政課かごしまの食ブランド推進室

電話番号:099-286-3179

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?