ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農産物 > かごしまブランド > かごしまのパッションフルーツ

更新日:2020年10月28日

ここから本文です。

かごしまのパッションフルーツ

【出荷スケジュール】

5月~8月

【かごしまブランド団体(生産地)】

瀬戸内パッションブランド産地協議会(瀬戸内町)

【特性など】

爽やかな香りと高い糖度,ほどよい酸味が魅力です。

パッションフルーツは,ブラジル原産のつる性多年生熱帯果樹です。名前の由来は,パッションフルーツの花のオシベとメシベの形が十字架にかけられたキリストの姿を連想させるため,パッション(情熱のほか,キリストの受難の意を持つ)と名付けられました。和名は「時計草」。パッションフルーツの花が時計を連想させるからです。

7~8分熟にした時に収穫しますので,生で食べる場合は,追熟すると酸味が抜けて甘みが増し,食べる当日に冷蔵庫で冷やすと一段と美味しくいただけます。果実を半分に包丁で切り,種ごとスプーンですくってお召し上がりください。バニラアイス・プレーンヨーグルトにかけて食べてもトロピカルな味が楽しめます。

パッションフルーツ絵

 

パッションフルーツパッションフルーツ花

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農政課かごしまの食ブランド推進室

電話番号:099-286-3179

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?