ホーム > 地域振興局・支庁 > 大隅地域振興局 > 産業・労働 > 農業 > 生産技術情報 > 普通期水稲の年間栽培体系(大隅地域)

更新日:2010年3月29日

ここから本文です。

普通期水稲の年間栽培体系(大隅地域)

普通期水稲栽培の流れと注意点(品種:ヒノヒカリ,はなさつま)

1 育苗(5月中旬~6月中旬)

 田植えの約20日前に播種し,育苗を行ないます。

2 移植(6月中旬~下旬)

 出穂時期の高温にあうと品質が低下するため,平地であれば6月20日を目安として移植を行ないます。
 また,株間が広 すぎると収量・品質の低下を招くので,坪当たり70株を目安に植え付けを行ないましょう。

3 中干し(7月下旬~8月上旬)

 必要な分げつを確保したら,過剰分げつの抑制と根の活力を高めるため中干しを行ないます。
 目安としては1株当たりの茎の数が20本に達した時点で,中干しにより倒伏防止の効果も期待できます。

4 穂肥(8月上旬)

 葉の色に注意しながら出穂の20日前に追肥を行います。
 窒素が多い条件で追肥を行うと倒伏を招くため,葉の色が濃い場合は実施しません。

5 刈り取り(10月中旬~下旬)

 青籾の割合が10~15%になったら刈り取りを行ないます。
 早期に落水を行うと充実が悪くなり収量・品質が低下するため,収穫の5~7日前に落水するようにしましょう。

このページに関するお問い合わせ

大隅地域振興局農林水産部曽於畑地かんがい農業推進センター

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?