ホーム > 産業・労働 > 雇用・労働 > 職業能力開発 > 宮之城高等技術専門校 > 専門校news > 過去のニュース&トピックス > 過去のニュース&トピックス【R元年度・2月下旬~3月】

更新日:2021年2月5日

ここから本文です。

過去のニュース&トピックス【R元年度・2月下旬~3月】

 建築工学科14期生・結びに代えて

先日修了を迎えた14期生は、今年度、NHKの生中継出演に始まり、茶室補修工事、かごしま型木造応急仮設住宅工事、小学生マイスター講習協力、モデルハウス製作など、通常の訓練カリキュラム以外に多くの功績を残してくれました。また、就業経験のある訓練生数名は、通常の資格取得に加えて、在校中に2級建築士合格、1級技能士合格、福祉住環境コーディネーター2級合格など、建築工学科として初めてとなる快挙を成し遂げました。現在国が推し進めている「リカレント教育」の理念を体現してくれました。若い訓練生も感化され、2級建築施工管理学科試験に多数合格しました。新たな歴史を築いたこれらの挑戦は後輩たちに引き継がれていくと確信しています。そして、多くの功績を残した14期生が、専門校での経験を糧に建設業の担い手として大きく羽ばたいてくれることを期待しています!
これまで建築工学科の取り組みにご協力いただいた関係者、保護者の皆様ありがとうございました。

(写真は内外装工事に奮闘している様子です。にわかに注目を集めている外壁材「焼杉(やきすぎ)」。煙突効果を利用した伝統的な「三角焼き」にも挑戦しました!)

その他の様子は,『鹿児島県立宮之城高等技術専門校フェイスブック/応用実習2019内外装編・PATCHHOUSE(訓練版最小限住宅)(外部サイトへリンク)』をご覧ください!

 念願のモデルハウス堂々完成

建築工学科14期生が限られた時間と予算の中で全身全霊を傾けた渾身の作品「PATCHHOUSE(訓練版最小限住宅)」が修了式に合わせてお披露目となりました。修了記念イベントとしてオープンハウス(完成見学会)を開催すると、保護者の皆さんは我が子の作品に感激しているご様子でした!
今回のモデルハウス製作による最大の成果は訓練生15名の成長です。最後まで粘り強く取り組み、見違えるほど頼もしくなりました。結果的に副産物として立派な作品が残りました。また、モデルハウス製作にあたり、建築工学科3期生・田中辰典くんのご実家(田中住建)より玄関サッシや内装ドア、多数のアルミサッシを、13期生・安藤太雅くんのご実家(安藤タタミ商店)より畳を、14期生・長濱千郷さんの知人のご実家より襖(ふすま)を無償で提供していただきました。
訓練生の頑張りと多くの方々のご協力により、建築工学科念願のモデルハウスがここに誕生しました!改めて感謝申し上げます。モデルハウスは随時公開中です!!

その他の様子は,『鹿児島県立宮之城高等技術専門校フェイスブック/応用実習2019竣工編・PATCHHOUSE(訓練版最小限住宅)(外部サイトへリンク)』をご覧ください!

 修了式を挙行しました

3月13日、修了式が厳かに執り行われました。新型コロナウイルスの感染を防ぐため、出席者全員がマスクを着用し、入り口にはアルコール消毒液が設置されました。また参列できる保護者を訓練生1人に対し2人までと制限し、在校生や来賓の参加は見合わせました。また、式全体の時間を縮小するため、修了証書を受け取るのは代表者1人とし、各表彰は教室で行うなどの異例の措置がとられました。修了生には申し訳ないという気持ちでいっぱいですが、それでも家族や職員に見守られ2年間の思い出をかみしめているようでした。
式典後、共に過ごした仲間や先生方と最後のホームルームを行いました。修了生は多くの思い出と未来への希望を胸に、最高の笑顔で学び舎を巣立っていきました。今後の新天地での活躍を、職員一同願っております。これまで本校の運営にご理解、ご協力いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

その他の様子は,『鹿児島県立宮之城高等技術専門校フェイスブック(外部サイトへリンク)』をご覧ください!

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部宮之城高等技術専門校

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?