閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 産業・労働 > 雇用・労働 > 職業能力開発 > 宮之城高等技術専門校 > 専門校news > 過去のニュース&トピックス > 過去のニュース&トピックス【R3年度・9月中旬~11月初旬】

更新日:2021年11月10日

ここから本文です。

過去のニュース&トピックス【R3年度・9月中旬~11月初旬】

 鹿児島建設新聞に掲載されました!

閉校した陽成小学校体育館活用工事の廃材で製作した木製品を,同施設に寄贈した取り組みが業界紙に掲載されました。
さて,建設業の担い手育成やSDGs推進を取り入れて進めてきた改修工事も無事に完工し,10月31日に「PLAYSPACEYOZEI」としてオープンしました。地域をスポーツで活気づけるため,閉校した小学校跡地が甲子園を目指す球児たちのホームグラウンドとして生まれ変わりました。この度,施設のオープンを記念して,廃材で製作した看板を寄贈。今回の製作には,室内造形科の技術協力をいただきました。

その他の様子は,『鹿児島県立宮之城高等技術専門校フェイスブック(外部サイトへリンク)』をご覧ください!

 県内外の見学ツアー!

末時代の偉人を多く輩出した薩摩藩ゆかりの地・鹿児島県には,歴史を感じるスポットが点在しています。また、雄大な桜島や温泉などバラエティに富んだ観光スポットがあるのも魅力です。県では,県内の観光需要喚起策として実施している「今こそ鹿児島の旅(第2弾)」を先日再開しました。
さて,10月29日(金曜日),職業指導の一環として、また、観光業への一助になればと、県内外の見学ツアーを実施しました。建築工学科2年生は「鹿児島神宮本殿屋根改修工事現場」と「鶴丸城御楼門」を,室内造形科2年生は,宮崎県の事業所や修了生の工房をそれぞれ見学しました。いずれも高い技術力と豊富な実績のある事業所で,訓練生はこれから携わるものづくりの現場の雰囲気を肌で感じながら,真剣な表情で見入っていました。訓練生にとっても久しぶりのバスの旅だったようで、楽しく有意義な一日となったようです。お忙しい中,対応していただきありがとうございました。

その他の様子は,『鹿児島県立高等技術専門校フェイスブックアルバム/事業所見学2021(外部サイトへリンク)』をご覧ください!

 職業訓練版SDGsの取り組み

「SDGs日本モデル」宣言とは,地方自治体が,国や企業,学校・研究機関,住民などと連携して,地方から持続可能な開発目標(SDGs)を推進し,地域の課題解決と地方創生を目指していくという考え・決意を示すものです。
さて,2018年3月に閉校した薩摩川内市の陽成小学校体育館が、野球などの室内練習場に生まれ変わろうとしています。施設を運営・改修する建築事務所から,SDGs推進の一環で,廃材を実習木材として活用してほしいとの申し出がありました。提供された解体材は,体育館の床を40年以上支えてきた栂(ツガ)の木,約4㎥。最近は伐採もわずかなので,お目にかかるのは珍しくなった建築材料。昔からネズミはツガをかじらないと言われるように、木の状態が思いのほか良かったため、建築工学科2年生14名が訓練の一環としてベンチとテーブルを製作し,施設に寄贈することに!技能習得のため,随所に大工技能を盛り込んだ作品は,製作日数10日程度で完成しました。また,解体材には40年前のかすがいや釘が残っており,釘抜き作業に全員で丸2日要するなど,さびた釘に苦労したため,今回は金物や釘を使わず,楔(くさび)や込み栓,雇い実(ざね)など,木組みの技を駆使しました。
先日,施設オープンを前に,廃材による3人掛けベンチ(製品名:リベンチ)8脚と,廃材を矧(は)ぎ合わせた天板の高さを2段階に調整できる6人用テーブル(製品名:ハイ&ローテーブル)3台を引き渡しました。思いがけない寄贈に大変喜んでいただき,訓練生も誇らしげでした!
今後も,地域に開かれた専門校として地域に根ざした活動を継続的に展開しながら,住宅産業を担う技能者の育成に努めたいと考えています。関係者の皆様,ご協力ありがとうございました!

その他の様子は,『鹿児島県立高等技術専門校フェイスブックアルバム/職業訓練版SDGs2021(外部サイトへリンク)』をご覧ください!

 校内球技大会を開催!

訓練生の体力向上と融和を目的に,例年開催している校内体育大会は,コロナの感染状況を鑑み,9月初旬に中止の判断をしました。先般,ようやく鹿児島県に適用されていた「まん延防止等重点措置」が解除され,県独自の緊急事態宣言も終了しましたが,行動制限の緩和が気の緩みにつながり,感染再拡大を招きかねず,まだまだ予断を許さない状況です。
さて,10月8日(金曜日),中止になった体育大会に代わり校内球技大会を開催しました。競技は6人制バレーと9人制ソフトバレー。紅白に分かれての学年対抗戦は,賞品を賭けて計9試合が行われました。また,職員チームも訓練生に負けじと,老体にムチ打って参戦しました。バレー経験者の華麗なプレーに拍手や歓声が上がる一方,珍プレーも満載で終始盛り上がりました。特に,ガチンコ対決となった最終戦は,両者譲らない白熱した戦いとなり見応え十分でした。総合優勝は前評判の高かった紅組の2年生!職員チームも,訓練生の忖度疑惑でまさかの全戦全勝!訓練生,職員の皆さん,熱い中,お疲れさまでした!

その他の様子は,『鹿児島県立高等技術専門校フェイスブックアルバム/球技大会2021(外部サイトへリンク)』をご覧ください!

 訓練の秋です!

暦の上では仲秋となり,朝夕はかすかに秋の気配を感じますが,日中はまだまだ残暑が厳しいようです。訓練生は朝から夕方まで実習に明け暮れています。建築工学科1年生は10種類を超える継手を製作し,腕を磨いています!室内造形科1年生は,高脚花台の塗装下地の調整を学んでいます。各科2年生は製品製作をしながら、コロナ禍の就活戦線に奮闘中です!キバレ就活生!!

その他の様子は,『鹿児島県立宮之城高等技術専門校フェイスブック(外部サイトへリンク)』をご覧ください!

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部宮之城高等技術専門校

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?