ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 新型コロナウイルス感染症 > 県の取り組み > 対策会議等 > 対策本部会議 > 鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第36回)を開催しました

更新日:2021年9月14日

ここから本文です。

鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第36回)を開催しました

1

和3年8月18日(水曜日)15時30分~

2

6階大会議室

3席者

事,副知事,関係部局長等

4

  1. 本部長あいさつ
  2. 新型コロナウイルスの感染状況等について
  3. まん延防止等重点措置の実施を踏まえた県の対応について
  4. その他

5議結果

8月18日(水曜日),鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。
会議では,本県の感染状況について情報共有を行い,今般,本県に適用された「まん延防止等重点措置」の実施を踏まえた県の対応等について協議しました。
現在の感染状況については,8月17日に初めて200人を超える245人の新規感染者が確認されるなど,感染拡大に歯止めがかからない状況が続いており,こうした状況を踏まえ,政府の新型コロナウイルス感染症対策本部会議において,8月20日から9月12日まで,本県がまん延防止等重点措置区域に追加されたところです。本日の会議においては,現在,感染が拡大している鹿児島市,霧島市,姶良市を重点措置区域に指定し,その他の地域に感染が拡大しないよう,まん延防止のための措置を一層徹底し,感染の封じ込めを行っていくことを決定しました。
重点措置適用を踏まえた対策については,飲食店での酒類の提供やカラオケの使用を控えること,大規模集客施設の営業時間短縮,入場者の整理誘導の徹底をお願いするとともに,重点措置区域以外の市町村においても,飲食店の営業時間短縮や事業所におけるテレワークの徹底等人との接触を低減する取組に取り組んでいただくようお願いしたところです。
さらに,本県独自の緊急事態宣言も9月12日まで延長することとし,引き続き,日中を含めた不要不急の外出自粛の徹底,やむを得ず来県される方,離島へ出発される方は,鹿児島空港や鹿児島中央駅でのPCR検査を受けていただくことなどをお願いしたところです。
本県は,今回,初めてまん延防止等重点措置区域の適用を受け,これまで経験したことのない重大な局面にあり,今,まさに正念場を迎えています。県民の皆さまお一人お一人におかれては,新型コロナウイルス感染症に対する強い危機感を今一度共有していただき,ご自身だけでなく,大切な家族,友人,まわりの方々の健康・命を守る責任ある行動をとっていただきますよう,ご理解,ご協力をお願いします。

6議資料

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部健康増進課新型コロナウイルス感染症対策室

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?