ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 新型コロナウイルス感染症 > 県民の皆さまへ > 県の取り組み > 対策会議等 > 対策本部会議 > 鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第38回)を開催しました

更新日:2021年9月30日

ここから本文です。

鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第38回)を開催しました

1

和3年9月22日(水曜日)13時10分~

2

6階大会議室

3席者

事,副知事,関係部局長等

4

  1. 本部長あいさつ
  2. 新型コロナウイルスの感染状況等について
  3. 感染拡大の警戒基準のステージ判断と県の対応について
  4. その他

5議結果

9月22日(水曜日),鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。
会議では,本県の感染状況について情報共有を行い,現在行っている営業時間短縮要請の一部取扱いの変更などについて協議しました。
現在の感染状況については,爆発的な感染のピークが過ぎ,直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は10人を切る水準となっていますが,9月20日現在,感染拡大の警戒基準における病床使用率はステージⅢの目安にあり,医療提供体制への負担感は強い状況にあることから,引き続き,まん延防止等重点措置期間中にしっかりと感染を押さえ込むため,期間中はステージⅣ及び本県独自の緊急事態宣言は継続・維持することとしました。
一方で,今般の感染者数の減少を踏まえ,重点措置区域である鹿児島市の第三者認証取得店舗においては,9月24日から,1グループ4人以下,又は同居家族での利用に限定し,19時半までの酒類の提供を認めることとしました。
併せて,鹿児島市以外の市町村の飲食店においては,20時までの営業時間の範囲で,酒類の提供を認めることとします。
なお,まん延防止等重点措置の適用に伴う,措置区域内の飲食店に対する営業時間短縮の要請について,これまでに正当な理由なく要請に応じていただけない店舗に対しては,命令を課した上で店舗名を公表し,その後の調査においても要請に応じていただけない場合は,やむを得ず過料を科すための手続を行うこととします。
「11月には第6波が来る」との専門家のご意見,見方もあるようです。今後も新型コロナウイルス感染症に対する強い警戒感を維持しつつ,このコロナ禍を終息させるために,県民の皆さん一丸となって,感染防止に取り組んでまいりたいと思いますので,ご理解,ご協力をお願いします。

6議資料

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部健康増進課新型コロナウイルス感染症対策室

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?