ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業農村整備 > 地域の話題(現場トピックス) > 農業農村整備現地トピックス(令和2年4月分)

更新日:2020年5月20日

ここから本文です。

農業農村整備現地トピックス(令和2年4月分)

奄美市土地改良区昇睦朗前理事長が県農業功労者表彰を受賞大島支庁

令和2年4月13日に,奄美市土地改良区の事務室で大島支庁農林水産部福留部長と新川農村整備課長が,県農業功労者表彰を受賞した奄美市土地改良区の昇睦朗前理事長へ表彰状と副賞の授与を行った。

当初は,3月に県庁で式典が行われる予定であったが,新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から式典が中止となったことを受けての今回の対応。約20年にわたる土地改良区の運営や職員指導,また畑地かんがい事業推進などへの多大な貢献が認められ,今回の受賞となった。これからも,奄美の農業を見守っていただきたい。

大島1

建設業協会の協力を得て施工計画を検討[集落排水路の施工に関する技術検討会]大島支庁

令和2年4月16日,県営中山間地域総合整備事業瀬戸内東部地区(瀬戸内町)で計画している集落排水路について,瀬戸内建設業協会8社13名と町,県担当者による施工に関する技術検討会を現地で開催した。対象の排水路は,両側に宅地が近接するため,作業機械や工法が制限される路線である。

当課では昨年度の業務委託で,既設水路内に盛土しながら小スパンに区切って取壊しと新設を繰り返すなどの施工計画案を作成しており,第1回目の今回はその施工計画案を建設業者へ提示し考え方を説明した。次回は,建設業者からの意見・提案をもらう予定である。

大島2

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農地整備課

電話番号:099-286-3236

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?